Q:あなたは商品の魅力ををいかに上手にお客様に伝えるか考えていますか?


写真を変えただけで商品がどんどん売れるようになる!?プロ並みの商品撮影のコツとは?

お悩みありませんか?

  • ネットショップで商品を販売してるが売上イマイチ!
  • ハンドメイドの商品をもっと魅力的に伝えたい!
  • 厳選したこだわりの商品の良さをお客さまに伝えたい!
  • 売り上げを2倍にも3倍にも10倍にも増やしたい!
  • 自分で商品写真を撮っているがうまく撮れない!
  • 簡単に時間をかけずにもっと写真がうまくなりたい!


1つでも「ピンッ」ときたあなたは下記必読です!

シンプルプロセスでしっかり身につき
写真の腕前がぐんぐん上がります!


 

え?!売れる商品写真が初心者でも撮れる???

商品の写真を撮るにはiPhoneもアリ

もちろん単純にとはいきませんが、素人でもプロより上手に商品写真を撮れるってご存じでしたか?

写真撮影の経験が少なくてもしっかりと大切なコツを覚えるだけでプロ顔負けの商品写真を撮ることが実はできます。

素敵な商品をより魅力的に

あなたのお持ちの商品がより魅力的で素敵に伝わるようになるので、できればなるべく同業の方には知られたくないくらい。笑

というのもこれまで知らなかった思わぬテクニックに気がつけるので秘密にしたいのも頷けるほど納得していただけると思います。

そんなに簡単にうまくいくの?

「本当にプロよりうまく商品写真が撮れるのか?」あなたにそのような疑問が生じても不思議ではないといえるかもしれません。

しかし実際に公開されている↓ページの写真のサンプルに目を向ければ、プロのように撮る方法が存在することがわかるはずです。

写真を変えただけで商品がどんどん売れるようになる!?プロ並みの商品撮影のコツとは?

写真の仕上がり1つで変わります

商品は写真の仕上がり一つで魅力が左右されてしまうので、何故うまく撮ることができないのかと悩む人は、案外少なくないのかなと思います。

その点、初心者でもプロ並みに商品写真が撮れる撮影のスキルがあれば、プロに依頼したといっても疑われないくらいの写真が自分で作り出せます。

ほんの少しだけ考え方を変えて実践してみてください。今までの写真とは明らかに異なる完成度の仕上がりに驚くことでしょう。そしてそれは、あなた自身が撮れるようになったということがいちばん大きい成長です。

いままでの撮り方でいいのかな?

本当にいまの撮り方でいいのかな?と悩んでいるあなたにも、プロ以上に撮れる写真のスキル習得を強くオススメしたいです。

売上を上げたい!商売としてお客さまにお伝えしている!でも写真は素人だからと諦めてはいけません。

カメラの知識や撮影経験が浅いからと悩むよりも、ちょっとしたコツに気が付いて少しずつ実践を行うのが理想的であり、お客さまへの責任感です。

何事も上達には時間が掛るものですが、それは参考にする教材の質であったり、取り組み方一つで大きく変わります。

高い機材は使いません!

高いカメラは使いません|商品の写真を撮る

よくある間違いといいますか誤解の1つに「プロが使う高価なカメラでなければいい写真が撮れない」と思っている方も多いです。

これも誤解の一つで本当はカメラの制限は少ないといえます。一般向けのカメラも撮影性能はかなり向上していますから、カメラの種類よりコツを踏まえたテクニックを知っているかどうかで、商品写真の仕上がりが変化するでしょう。

実際に優れているテクニックは、プロも知りたがるほどの魅力があるので、撮る方法のコツがわかると撮影の楽しさが増します。

何より写真のイメージが引き締まって、商品の魅力にフォーカスが当たりますから、商品の良さを余すことなく伝えられるようになるでしょう。

商品写真の第一線で活躍するプロが教えてくれるので、写真を撮るということの意味がすんなりと理解できます。

プロの技術が身につけられると、他人に依頼するコストの削減や写真品質の向上が狙えます。

すぐに撮影できる結果にも結び付きますから、スピーディーな写真撮影が実現するでしょう。

徹底的に仕上がりを追求するのも、スピード重視で撮影を行うのも簡単になるので、このテクニックを手にするチャンスを逃す手はないです。

商品写真で売り上げが劇的に変わる!?

商品写真は売り上げに影響を与えている、これは商品販売を手掛けている人達の間では常識です。売れるショップが他と何がことなるのかというのは、誰もが疑問に思ったり知りたいところでしょう。

ポイントは写真によって消費者に伝わる商品のイメージで、メッセージ性とも言い換えられる部分にあります。

たとえば薄暗い食品の写真は美味しそうに見えませんし、視覚的に訴え掛けるイメージの強さが弱まります。ところが明るさや色味など全体のイメージを考慮すると、商品写真の質が向上して消費者が抱く印象が大幅に変化します。

変わるのは写真の印象だけでなく、売り上げも劇的に変化しますから、商品販売に取り組む人にとっては見逃せないポイントです。

実際に売れるかどうかは写真が決める、と言っても大げさではないほどなので、商品写真で撮影する仕上がりの重要度は高いと考えられます。

印象の変化は、食品のようなストレートに伝わる被写体に限らず、商品パッケージの見た目にも影響を与えます。

このテクニックはただ被写体を明るく照らしたり、鮮やかさを重視して撮影を行えばよい、というものではないです。ちょっとした工夫で仕上がりが変わるのは確かですが、そのような小手先の技術とは異なるのが、このテクニックにおける魅力というわけです。

売れる商品写真のコツが理解できると、今までのどこが駄目だったのか、何がポイントなのかがすんなり納得できるでしょう。

実際にどの程度商品が売れるようになるかは、取り扱う商品の種類や販売方法によりますが、想像以上の売り上げに到達しているケースもあります。

高価な機材や小道具などは一切不要で、必要なのは一眼レフカメラと照明だけという手頃さで実践できます。撮影場所は強い光が差し込む場所でなければ、テーブルの上でも会議室などの机でもOKです。

また撮影に道具を活用するとしても、身近なお店で手に入る文房具程度でこと足ります。可能な限り低予算で、売り上げが上がる簡単な商品写真が撮れますから、初心者にこそオススメできるチャンスです。

更に、加工の手間が省けるテクニックも沢山あるので、トータルの作業時間そのものが短縮可能です。ムダを減らして綺麗に撮影する、これが売れる写真を撮る人が知っている秘密となっています。

販売する商品が思ったように売れないのは、商品が悪いのではなく写真に原因があると想像できます。

写真の仕上がりがほんの少し違うだけで、売り上げという数字に響いてきますから、向き合って改善に取り組む必要があります。
商品の写真を撮る|カップとマシュマロ露出の違い

ネットショップでの通販は商品写真がすべてです

商品を写真で掲載するネットショップは、商品写真が売り上げを左右するすべてとなっています。

実物を展示して販売する実店舗なら、商品POPといった工夫の余地はありますが、ネットショップの通販は工夫できる部分が限られています。

消費者は商品を購入する前に、正確かつ役立つ情報を求めますから、お店が提供する情報が不足していると売り上げ減少に直結します。

商品写真は、購入を検討する消費者の購買意欲に関わるので、これが売り上げのすべてだと言っても言い過ぎではないでしょう。

消費者が何を重視するかは人によりますが、少なくともパッケージの写真を見たい、詳細を把握したいといったニーズは高いものです。

その期待に応えられるかどうかで、売り上げが思った以上に変わってきてしまいますから、商品写真の重要性はネットショップにおいてはとくに無視できないところです。

ではどのように改善するのがよいのか、そう疑問を抱いたら商品の質を上げるテクニックを学ぶことです。

ネットショップが当たり前になっている現代では、商品写真に関するコツもネットで手に入れられるので、撮影技術が上達するチャンスはどこにでもあります。

ただ誰もが知っているテクニックは多くの人が実践していますから、他店との区別化を図るとなると大変です。

それでも基本を理解していないショップであったり、改善の余地がある写真を掲載しているお店もあるので、区別化が実現できる可能性は十分にあると思われます。

商品写真がいい加減に掲載されていると、商品を購入した消費者からクレームがきたり、リピートのチャンスを損ねてしまう恐れが強まるでしょう。

具体的には写真と実物の色味が異なったり、期待していたものと異なる商品が届いたなどの問題です。

カメラで撮影して画面に表示する以上、色味を完全に伝えることはできませんが、消費者が抱く印象と大きく掛け離れる事態は避けられます。

消費者は欲しい商品が手に入る結果を期待しているので、商品の色味や質感が伝わる情報発信を心掛けることが重要です。

ネットショップはこのように、情報を伝えられる手段が限られていますから、撮影する写真の重要性が増しているというわけです。

写真の掲載を行わないのは論外ですし、枚数が限られているのも良くありませんが、沢山掲載を行えばよいというものでもないです。

肝心なのは写真の品質と消費者に届けられる情報量、そして販売者が伝えたい商品の魅力といったイメージです。

どこかに学びに行かなくてもいいんです

写真の撮影テクニックは、今ではネットや書籍などの豊富な情報源で身につけられる時代です。

中には無料で提供される情報までありますから、上達のチャンスは誰にでも等しく表れています。

つまり写真教室のように学びに出向いたり、カメラの経験者に付いて教えてもらう必要もないわけです。

ひと昔前よりもハードルは大幅に下がっていますし、より高度なテクニックも学べるので、どこかに学びに行くのは「もはや過去のもの」です。

ネットショップを経営している人は、とにかく早く売り上げを伸ばす取り組みを行って、ライバルとの差を開く必要があるでしょう。

写真教室などで学ぶやり方では、上達速度に制限があって周りに置いていかれてしまうのでもっと早く確実な方法を選択することが肝心です。

【ネットショップ向け/売れる商品写真の撮り方講座】
は、初心者でも始められるほど取っ付きやすく、楽しみながら実践的に学べます。

最初に用意が必要なものは数点ですし、すぐにでも試せるコツが満載ですから、予算や時間が限られていても大丈夫です。

むしろ以前は時間が掛かっていたテクニックが早く学べる、それはネットショップの経営における他店への大きなアドバンテージとなります。

売り上げが向上するほどの内容なので、実践を行えば結果が目に見えてわかりますし、将来につながるビジネスチャンスも拓けます。

あなたがやる事はたった3つのステップ

商品の魅力ををいかに上手にお客様に伝えるか...

写真を変えただけで商品がどんどん売れるようになる!?プロ並みの商品撮影のコツとは?

更新日:

Copyright© どんなカメラでも魅力的に撮れるコツ , 2018 All Rights Reserved.